イサム・ノグチ 発見の道 Isamu Noguchi: Ways of Discovery


みどころ

1.彫刻家ノグチの精髄に迫る
  国内外の多数の大型作品をはじめ、「あかり」を含めておよそ90件の作品が集結。一つの素材や様式にとどまることなく、貪欲な造形的実験につながる「発見」を繰り返しながら
「彫刻とは何か」を追求したノグチの前人未到といえる創造の軌跡を辿ります。


2.かつてない“ノグチ空間”の体感型展示
  提灯にヒントを得て、30年以上に渡って取組み続けられた光の彫刻「あかり」を150灯も用いたインスタレーションや、折り紙などからインスピレーションを得た金属彫刻のシリーズと遊具彫刻を合わせて展示するなど、3フロアそれぞれに特色のある体感型展示を試みます。
いずれも回遊型の鑑賞プランとし、
かつてない“ノグチ空間”が誕生します。


3.ノグチ芸術の到達点・牟礼の石彫が初めて東京へ
ニューヨークと香川県高松市牟礼(むれ)町にアトリエを構え、
往還しながら制作に取り組んでいたノグチ。
牟礼の野外アトリエで石匠の和泉正敏(いずみ・まさとし)とともに作り上げた晩年の彫刻は、
ノグチ芸術の到達点とされています。牟礼に残された作品が、同所以外でまとめて展示されるのは
今回が初となります。


無題

イサム・ノグチ 《無題》 1987年 安山岩 イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与)
撮影:齋藤さだむ ©2020 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713


発見の道

イサム・ノグチ 《発見の道》 1983-84年 安山岩 鹿児島県霧島アートの森蔵
Photo:Kevin Noble ©2020 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713


あかりクラウド

「AKARI CLOUD」インスタレーション イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)での展示風景(2018-19年)
Photo:Nicholas Knight ©The Noguchi Museum /ARS


開催概要

会期

2021年4月24日(土)~8月29日(日)




会場

東京都美術館 企画展示室




主催

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、朝日新聞社、NHK、NHKプロモーション




協賛

DNP大日本印刷、三菱商事




特別協力

イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)、公益財団法人イサム・ノグチ日本財団 イサム・ノグチ庭園美術館




協力

茨城放送




お問い合わせ

03-5777-8600(ハローダイヤル)




報道関係お問い合わせ先

特別展「イサム・ノグチ 発見の道」広報事務局(共同PR内)担当:三井、安田
MAIL:isamunoguchi.exhibit-pr@kyodo-pr.co.jp
TEL: 03-3575-9823(平日のみ10時~16時)
FAX: 0120-653-545