見どころ

イサム・ノグチ 発見の道

©朝日新聞社

20世紀を代表する芸術家イサム・ノグチ(1904-1988)は、彫刻のみならず、舞台美術やプロダクトデザインなど様々な分野で大きな足跡を残しました。

しかし、彼はその生涯を通じて一貫して彫刻家であり続けました。
晩年に取り組んだ石彫は、ノグチ芸術の集大成というべき世界です。

日本人の父とアメリカ人の母との間に生まれ、アイデンティティの葛藤に苦しみながら、独自の彫刻哲学を打ち立てたノグチ。
その半世紀を超える道のりにおいて、重要な示唆を与え続けたのが、日本の伝統や文化の諸相でした。
例えば、京都の枯山水の庭園や茶の湯の作法にふれたノグチは、そこから「彫刻の在り方」を看取することができたのです。

本展では、晩年の独自の石彫に至るノグチの「発見の道」を様々な作品で辿りつつ、ノグチ芸術のエッセンスに迫ろうとするものです。

そのため、彫刻と空間は一体であると考えていたノグチの作品に相応しい、特色ある3つの展示空間の構成を試みます。

「価値あるものはすべて、最後には贈り物として残るというのはまったく本当です。芸術にとって他にどんな価値があるのでしょうか」と語っていたノグチ。
本展覧会において、われわれが今、希求してやまない何かをその作品は示してくれるに違いありません。

本展の見どころ

  • 彫刻家ノグチの精髄に迫る

    国内外の多数の大型作品をはじめ、「あかり」を含めておよそ90件の作品が集結。
    一つの素材や様式にとどまることなく、貪欲な造形的実験につながる「発見」を繰り返しながら「彫刻とは何か」を追求したノグチの前人未到といえる創造の軌跡を辿ります。

  • かつてない「ノグチ空間」の体感型展示

    提灯にヒントを得て、30年以上に渡って取組み続けられた光の彫刻「あかり」を150灯も用いたインスタレーションや、折り紙などからインスピレーションを得た金属彫刻のシリーズと遊具彫刻を合わせて展示するなど、3つのフロアそれぞれに特色のある体感型展示を試みます。いずれも回遊型の鑑賞プランとし、かつてない“ノグチ空間”が誕生します。

  • ノグチ芸術の到達円・牟礼の石彫が東京へ

    ニューヨークと香川県高松市牟礼むれ町にアトリエを構え、往還しながら制作に取り組んでいたノグチ。牟礼の野外アトリエで石匠の和泉正敏いずみまさとしとともに作り上げた晩年の彫刻は、ノグチ芸術の到達点とされています。牟礼に残された作品が、同所以外でまとめて展示されるのは1999年のイサム・ノグチ庭園美術館開館以降、初めてとなります。

第1章 彫刻の宇宙

1940年代から最晩年の1980年代の多様な作品を紹介します。
ノグチの半世紀を超える制作活動の中核には、「彫刻とは何か?」「彫刻にできることとは何か?」という問いがありました。

その生涯は数多くの「人・もの・歴史」との出会いと学びに彩られていますが、創造へと導かれる彼の「気づき」は、常に予期せぬ発見の驚きと喜びにあふれたものでした。
運命的な出会いによって明示される未踏の道—彫刻芸術のあらたなる発見の道—をノグチは強い意志の力によって歩んでいきました。

本章では、ノグチのライフワークである太陽と月に見立てた光の彫刻「あかり」の大規模なインスタレーションを展示室の中心に据え、《化身》(1947/72年)、《黒い太陽》(1967-69年)、《ヴォイド》(1971/80年)など、様々な展開をみせるノグチの「彫刻の宇宙」を500㎡の回遊式の会場で体感していただきます。

©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

《黒い太陽》
1967-69年 スウェーデン産花崗岩 国立国際美術館蔵

©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

シアトルに設置されている同名作品の習作です。
《黒い太陽》は、石匠の和泉正敏による本格的な制作のサポートが始まった記念碑的な作品であり、ノグチの代表作。本作はシアトルの小型版であり、石の産地は異なりますが(シアトルのものはブラジル産)、エネルギーの塊のような共通する魅力にあふれています。

©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713
※諸事情により作品が変更になりました。

《化身》
1947年(鋳造1972年)ブロンズ イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与)

シュルレアリスムの影響がうかがえる本作は、1940年代半ばから始められた「インターロッキング・スカルプチュア(複数のパーツの組み合わせによる彫刻)」を代表するもの。主題は、現世に現れたヒンドゥー教の神の姿です。
有機的な造形と平面的かつ量感を感じさせるスタイルは、その後もノグチが好んだものでした。

《化身》
1947年(鋳造1972年)ブロンズ イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与)

©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713
※諸事情により作品が変更になりました。

シュルレアリスムの影響がうかがえる本作は、1940年代半ばから始められた「インターロッキング・スカルプチュア(複数のパーツの組み合わせによる彫刻)」を代表するもの。
主題は、現世に現れたヒンドゥー教の神の姿です。
有機的な造形と平面的かつ量感を感じさせるスタイルは、その後もノグチが好んだものでした。

撮影:齋藤さだむ ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

《ヴォイド》
1971年(鋳造1980年) ブロンズ 和歌山県立近代美術館蔵

撮影:齋藤さだむ ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

仏教用語で「すべてのものの存在する場所」という意味をもつヴォイド(虚空)。この禅的なイメージに魅了されていたノグチは、1970年から様々な素材とサイズにより同名の連作を手がけました。
実現には至りませんでしたが、高さが10mを超える巨大な《ヴォイド》を反核の象徴として制作したいとも望んでいました。

Photo: Kevin Noble ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS ,NY/JASPAR ,Tokyo E3713

《発見の道》
1983-84年 安山岩 鹿児島県霧島アートの森蔵

Photo: Kevin Noble ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS ,NY/JASPAR ,Tokyo E3713

晩年に至り、石へ最小限の手を加えるという独自の表現領域を展開していったノグチの生涯は、実に数多くの運命的な出会いと創造への糧となる学びに彩られていました。「発見の道(Ways of Discovery)」とは、自らの道程への深い感慨を作品の名に込めたものだったのでしょうか。
本展タイトルはこの作品をもとにしています。

「あかり」インスタレーション(イメージ) 撮影:齋藤さだむ

「あかり」によるインスタレーション

1951年、岐阜提灯から発想を得て制作が始められた「あかり」は、和紙を通した柔らかな光そのものを彫刻とする、ノグチのライフワークとなったシリーズです。本章では150灯もの「あかり」によるインスタレーションを展示室の中心に据え、周囲に各年代の作品を配し、回遊式の会場を構成する予定です。

「あかり」インスタレーション(イメージ) 撮影:齋藤さだむ

「あかり」によるインスタレーション

1951年、岐阜提灯から発想を得て制作が始められた「あかり」は、和紙を通した柔らかな光そのものを彫刻とする、ノグチのライフワークとなったシリーズです。本章では150灯もの「あかり」によるインスタレーションを展示室の中心に据え、周囲に各年代の作品を配し、回遊式の会場を構成する予定です。


※展示作品は今後の諸事情により変更する場合があります。

第2章 かろみの世界

ノグチは肉親との関係に葛藤があり、特に詩人であった父親の米次郎とは複雑な間柄でした。
しかしその祖国である日本は、ノグチに彫刻芸術の可能性への道筋を与え続けた「親しき国」でした。

彫刻の起源を追い求め、ヨーロッパ、南米、アジアとフィールドワークを重ねた旅のなかで、常に「創造への糧」となる学びをやめなかったノグチにとって、父の故郷は、平明さの中に深い哲学を内包し、晩年にいたるまで彼を覚醒してやまない伝統と文化をもつ国だったのです。

なかでも日本の文化の諸相がみせる「軽さ」の側面は、ノグチが自らの作品に取り込むことに情熱を傾けた重要な要素でした。

本章では、切り紙や折り紙からのインスピレーションを源泉に制作された金属板の彫刻、円筒形の「あかり」のヴァリエーション、そして真紅の遊具彫刻《プレイスカルプチュア》(1965-80年頃/2021年)により、ノグチの「かろみ(軽み)の世界」をご紹介します。

Photo: Josh White /JWPictures ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

《坐禅》
1982-83年 溶融亜鉛メッキ鋼板 イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵

Photo: Josh White /JWPictures ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

高温の炎で切断した鋼板を組み合わせ、亜鉛メッキした連作の一点。紙を扱うような自由な発想で、ユニークな構成が試みられています。本シリーズの作品に対し、ノグチは《雨の山》《雲の山》《マグリットの石》《宇宙のしみ》《ジャコメッティの影》(すべて本展出品作)といった詩的なタイトルを付けています。

©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

《リス》
1988年 ブロンズ
香川県立ミュージアム蔵

本作の約30年前、自身の作品に「現代性」と「軽さ」を望んだノグチは、金属板を用いた制作に初めて着手しました。素材の扱いに苦心したというノグチは、彫刻のもつ「重さと物質性を否定したかった」と後に語っています。本作は最晩年に取り組まれたそのヴァリエーションといえるものです。

《リス》
1988年 ブロンズ
香川県立ミュージアム蔵

©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

本作の約30年前、自身の作品に「現代性」と「軽さ」を望んだノグチは、金属板を用いた制作に初めて着手しました。素材の扱いに苦心したというノグチは、彫刻のもつ「重さと物質性を否定したかった」と後に語っています。本作は最晩年に取り組まれたそのヴァリエーションといえるものです。

Photo: Nicholas Knight ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713
イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)での展示風景。本展では新規製作して展示(茨城放送蔵)。

《プレイスカルプチュア》
1965-80年頃、鋼鉄

ノグチは生涯を通じて遊園地の建設プランをもっていました。子供たちがその空間を自由に駆け回り、遊びを通じて「世界との出会い」が育まれることを切望していたのです。ノグチは大型遊具の制作も手掛けています。色鮮やかで力強く、かつ軽やかなフォルムには、ノグチの情熱と揺るぎない信念が込められているかのようです。


※展示作品は今後の諸事情により変更する場合があります。

第3章 石の庭

制作拠点であったニューヨークと香川県牟礼町には、現在、イサム・ノグチ庭園美術館が開館しています。
ノグチにとって「庭園」とは、自らの彫刻の在り方を考えるうえで、最も大切なキーワードでした。

とりわけ牟礼は野外アトリエがそのまま公開されていますが、そこは単なる仕事場の領域を超えた、自らの感覚と世界がつながることのできる「特別な空間」でした。
四季折々の風光が味わえる豊かな自然環境のもと、未完の作品を含め、あらゆるものが照応しあうアトリエは、空間全体がノグチにインスピレーションを与え、それ自体が作品と言い得る、聖性と啓示にみちた小宇宙=庭だったのです。

「石の庭」は、牟礼に残された最晩年の複数の石彫により、美術館で展示を行う初めての試みです。終章では、長い発見の道行きの到達地である牟礼のアトリエのエッセンス、その空間の味わいに迫り、ノグチ芸術の精髄を体感いただける場を立ち上げたいと考えています。

撮影:齋藤さだむ ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

《ねじれた柱》
1982-84年 玄武岩 イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵
(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与)

撮影:齋藤さだむ ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

手を加えつつ、石本来の要素を残すという類例のない制作を展開したノグチについて、建築家の磯崎新は次のように語っています。「牟礼にきて、自然石と向き合うようになって、イサムさんのなかに大変革が起こったのだと私は考える。(中略)石の声をはじめに聞く。簡単なことに思えるけれど、そのとき自己の内部を無にしておかねばならない。これは世界が転換するほどの解脱(げだつ)ではじめて到達できる」。*磯崎新「イサム・ノグチ 石の声をはじめに聞く」、『挽歌集―建築があった時代へ』、白水社、2014年

撮影:齋藤さだむ ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

《フロアーロック(床石)》
1984年 玄武岩
イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵
(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与)

多面体を構成する直線と曲線の絶妙な組み合わせからなる本作は、二つの石が間隔を空けて置かれています。丁寧に研磨された石肌は深みのある墨茶色であり、刃文のような模様が浮かんでいます。晩年の作品のなかでも一種独特の造形的な緊張感に満ちた本作からは、妥協を許さぬノグチの厳しい審美眼が感じられます。

撮影:齋藤さだむ ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

《フロアーロック(床石)》 1984年 玄武岩
イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵
(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与)

多面体を構成する直線と曲線の絶妙な組み合わせからなる本作は、二つの石が間隔を空けて置かれています。丁寧に研磨された石肌は深みのある墨茶色であり、刃文のような模様が浮かんでいます。晩年の作品のなかでも一種独特の造形的な緊張感に満ちた本作からは、妥協を許さぬノグチの厳しい審美眼が感じられます。

撮影:齋藤さだむ ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

《無題》
1987年 安山岩 イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵
(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与)

撮影:齋藤さだむ ©2021 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

見る位置によって姿が大きく変わる最晩年の作品です。自然の摂理の賜物である石の原形(エレメント)が明らかにされるがごとく、優美なフォルムが見事に彫り出されています。大小二つの石の組合せに見えますが一つの石から成ります。野外アトリエの傍に建つ、江戸時代の豪商宅を移築し、ノグチが牟礼での住まいとした「イサム家(や)」の庭に置かれています。


※展示作品は今後の諸事情により変更する場合があります。